ガルパン感想・細かいネタを徹底解説!第10話「クラスメイトです!」

スポンサーリンク
映画漫画アニメ

プラウダとの戦いに見事勝利した大洗女子学園。
決勝戦に向けて戦力の強化をはかり、いざ決勝戦・黒森峰との戦いです!

30日間の無料体験!

Amazonプライムビデオ

ガルパン最終章1話まで配信中!

スポンサーリンク

ガルパン第10話で注目したいネタ

猫田さん

ガルパン公式HPより引用

実はオープニングでずっと登場していた&OVAアンツィオ戦で少し登場します。
オープニングでは眼鏡をしていなくて美人なのがわかるのですが、本編ではほぼ眼鏡はとりません。
謎多き美女ねこにゃー。

華の戦車の花器

OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」にて五十鈴華が「CV-33って私大好きです!小さくて可愛くて、お花を生ける花器にぴったりです!」
といってます。

この花器はCV-33ではないようですが、やってみたかったのでしょうね。笑

戦車道のおかげで力強く大胆な華道の新境地を見せることでき、母親と和解できた様子。

みほの部屋でのゴハン会で麻子だけ机で食べている

沙織の部屋のテーブルは丸いので5人で食卓を囲んでいましたが、みほの部屋のテーブルは四角いので・・
麻子だけ机で食べてます。
5人組でこういうゴハン会をよくするなら、みほの部屋のテーブルは丸くしておけばよかったのに!笑

ウサギさんチームが見ている映画

ウサギさんチームのみんなでカツを食べながら見ているのは、戦争映画「戦略大作戦」です。
良く見ると、棚にM3中戦車リーのプラモらしきものがあります。

どろん
どろん

ここ、誰の部屋なんだろう・・ 

優花里「戦車道の聖地です! 」

静岡県御殿場にある「東富士演習場」という、陸上自衛隊の演習場です。

ガルパン第10話の戦車用語解説

桃「 この間見つかった88mmはまだか? 」

>>第7話「次はアンツィオです!」で船底で発見した戦車。
ポルシェティーガーのこと。
戦車は主砲の口径で呼んだりします。

柚「レストア終了です! 」

「レストア」とは、老朽化した車などを修復すること。
ポルシェティーガーの修理が終わったよってことです。

ヘッツァー改造キットを38(t)に取り付けるとは?

実際にヘッツァーという戦車は38(t)を改造してつくられたものです。
>>戦車でーた②38(t)戦車

桃「 Ⅳ号(ヨンゴウ)にシュルツェンを取り付けますか 」

シュルツェンとは、直訳で「前掛け・エプロン」の意味。
対戦車ライフル向けの装甲で防御力UPです。

Ⅳ号はガルパン作品内で何度もグレードアップを重ねていますが、実際第二次世界大戦中も初期から改良を重ねて、長く戦い続けた戦車なのです!
>>戦車でーた①Ⅳ号戦車

優花里「マークⅣスペシャル 」です!

シュルツェンをつけたⅣ号を見て優花里が言った一言。
これはイギリス軍がⅣ号につけたあだ名。
改良を重ねて強くなったⅣ号戦車を恐れてこう呼ぶようになりました。

まほ「 グデーリアンは言った『厚い皮膚より速い脚』と 」

戦車に必要なのは厚い装甲よりも機動力、という意味。
単純にとらえると、

どろん
どろん

ティーガーは重装甲で脚も遅くてまるっきり反対なのに何言ってるんだ?

となりますが・・
この場合は、森をショートカットしてより早く大洗女子学園に遭遇するための戦術のことを指します。

初っ端撃破されたのは誰?!

大洗のフラッグ車を狙う黒森峰の副隊長エリカ。
操縦がうまくいかず暴走したねこにゃー率いるアリクイさんチームの三式中戦車が 、たまたまⅣ号の盾となって撃破されます。

戦車の違いがわからないうちはよくわからないまま「えっ?!」となる終わり方です。
私は初見でよくわからず焦りました。笑

ガルパン第10話 歴史ネタ解説

カチューシャ
黒森峰なんかバグラチオン並みにボッコボコにしちゃってね!


WW2における独ソ戦で、ドイツの敗北が決定的になった「バグラチオン作戦」のこと。

ガルパン第10話の感想

いよいよ決勝。
カチューシャがお昼寝なんかしていなければ楽勝だったのでしょうがそれはいいっこなし。笑

10話は戦闘シーンが少なめですが、戦力アップのための改造は実際の戦車の改良と同じように強化されていくので見ていてワクワクしますね!

まずは30日の無料体験
 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました