ガルパン第5話「シャーマン軍団です!」感想・細かいネタを徹底解説!

スポンサーリンク
映画漫画アニメ

全国大会初戦、相手は強豪のサンダース大学付属高校。
アメリカ風の高校で、お金がたくさんあるので戦車保有台数が全国イチです。

この高校の強さは戦術や戦車の強さというより、数の利
実際のアメリカ軍も、平凡な戦車(シャーマン)をとにかく大量生産する作戦でした。

30日の無料体験で見る
スポンサーリンク

ガルパン5話で注目したい小ネタ

  • 戦車喫茶ルクレール
    ⇒ 将軍の名にちなんだ フランス戦車の名前。
    1990年から量産されているので割と新しいです。
    ガルパンカフェとかいうのじゃなく、このルクレールを大洗に作っちゃえばいいのに。

  • ケーキを運んでくる「ドラゴンワゴン
    ⇒アメリカの戦車運搬車、M25の愛称です。

  • 店内のポスター「ハッピータイガー」
    ⇒小林源文(もとふみ)氏による架空の戦記漫画。
    戦場劇画の第一人者です。
    このほかにも、劇場版で登場する戦車T-28のポスターなどなど、マニアックなポスターが目立ちます。

  • まほを嫌いにならないでほしい
    ⇒だいたいの人は戦車喫茶のシーンをみて黒森峰ヤな感じ!と思うでしょ?
    でも、暴言吐いてるのはほぼエリカだから!
    まほ全然しゃべってないからね!
    まほは優しい子なんだよ!ほんとうは!
    あっいや、最終的にエリカも好きになっちゃうのがガルパンのすごいところなんだけど・・


  • サンダース大付属高校の廊下にロッカーがずらり
    ⇒映画とかでもよく見かける光景ですが、アメリカでは授業ごとに生徒が教室を移動するので廊下に自分専用のロッカーが並んでいるんです。
    描写が細かいです!


  • 通信手の沙織が連絡手段にメールを使う
    ⇒通信傍受対策でやったことですが・・
    思い起こせば3話で沙織が通信手に決まった時に「いいかも~!メール打つの速いし~!」と言っていたことは伏線だったのか・・?!

ガルパン5話の各キャラクターの発言の解説

  • 「 初戦だからファイアフライは出てこないとおもう 」
    ファイアフライは無敵戦車と言われるティーガーを撃破できるくらいスゴク強い戦車です。
    初戦でそんなの出してこないだろ、ということです。
    厳密にいうとアメリカ戦車をイギリスが改造して強くなったヤツなので、イギリスの戦車といってもいいんじゃないのかって思うんですが・・


  • 第6機甲師団オッドボール三等軍曹
    ⇒ アメリカの戦争映画「戦略大作戦」の登場人物。
    以降、優花里はケイにオッドボール三等軍曹と呼ばれます。
    機甲師団とは、戦車を中心とした部隊。
    戦車についていけるように歩兵や砲兵も車に乗って移動する。
  • 地獄のホットライン
    アメリカがソ連とのスパイ活動に使ったホットライン(国家首脳間での通信)を「地獄へのホットライン」と表現したジョーク。
    アリサが大洗の通信を盗聴しているのですが、この通信傍受機を表現したのでしょうか。
    うーん博識。

まず覚えておいて欲しいのは、前回の聖グロ戦とはルールが違うということ。

聖グロ戦は全部やっつけたら勝ちの殲滅戦でしたが、全国大会はフラッグ戦です。
あらかじめ決めておいた「フラッグ車」を撃破すれば勝ち。
サンダース10輌VS大洗女子学園5輌での戦いです。

🚩サンダース⇒M4シャーマン76mm砲搭載型(アリサ)
🚩大洗⇒38(t)(生徒会カメさんチーム

>>つづく6話はこちら

30日の無料体験で見る

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました