【インテグラル錠】不器用な主婦でもできた!ドアノブ交換徹底解説【画像大量】

スポンサーリンク
お役立ち情報

こんにちは、どろん【@droooonron】です。


来月引っ越しが決まり大忙しなのですが。
私はスーパーうっかり者なので、賃貸物件の玄関のマスターキーを無くしてしまったのです。

退去時の鍵交換代1万円くらいかな・・
とりあえず不動産屋に相談してみたところ

費用は負担いただくことになりますが交換します。
ただ、簡単なドアノブなので、もし自分でできそうなら交換しちゃってもいいですよ!

と言ってくれたので、自分でチャレンジしてみることに。

結論
普段DIYなど一切やらない超不器用な主婦でも
✔作業時間は30分

✔費用は¥2500
ほどで済みました!
スポンサーリンク

ドアノブ選び

我が家の玄関のドアノブは「インテグラル錠」というカンタンなものでした。

まずドアの側面の「フロント板」を見てメーカーを確認します。

汚くてすみません。

Showa IS Y05という文字が確認できたので、これをそのままAmazonで検索。

ドアノブ+フロント板セット」のものや、「ドアノブのみ」のもの・・色々出てきます。
私はドアノブ本体のみを購入しました。

購入前に確認したこと
✔メーカーは同じか
✔型番は適合しているか
✔ドアの厚みなど寸法に問題はないか

結果論になってしまいますが、自分でドアノブ交換をするときの最難関はドアノブ選びです。
間違って購入してしまうとお金が無駄になり、DIYのメリットが消し飛びます。

必要な寸法は、生活110番さんの「とっても大事なドアノブのサイズ計測。失敗のない交換のために」をご参照ください。

いよいよ交換

準備するものは新しいドアノブドライバー
ダイソーなどでも買える普通~のプラスドライバーです。

最初に注意ですが、ドアノブを取り外したらドアを閉めないようにしてください。
回すものがないので開けられなくなります。

どろんはうっかり閉めてしまって

閉じ込められたよ!

窓から出て、外側のドアノブを差し込んで回せば開いたので全然大丈夫でしたが・・(笑)
ドアノブ交換中はうっかり閉まらないように何か挟んでおいたほうがいいです。

古いドアノブの取り外し

手で回してゆるむ場合もあるそうですがビクともしませんでしたので、新しいドアノブに同梱されていた工具を使います。
こんなの↓

ドアノブの穴に挿し、反時計回りにグルグル回していきます。

はい、取れました。
工具である程度回せば、手で取れます。

ドアノブが外れたので、次は裏金です。
ドライバーでネジを2本ねじねじはずしていきます。

裏金がはずれれば、外側のドアノブもスルッと外れます。

完全に外れました

はずれたパーツはこちら

これで古いドアノブの取り外しは完了です。

新しいドアノブの取り付け

フロント板とラッチ付きではない、ドアノブのみの交換のため、このまま新しいドアノブをさっきとは逆の順序で取り付けていきます。

まず外側につける新しいドアノブをさし込みます。

さし込みました。
これが意外とムズい。
室内側から見るとこんな感じ

室内側から裏金をビスどめします。
穴が4つあいていますが、タテとヨコでピッチが違っているので、合う方を選びます。

裏金のビスどめ完了です。

最後に室内側のドアノブを取り付けます。
まずは手で時計回りにクルクルします。

仕上げに、工具で絞めます。

完成です!

取り付けが終わったら、ドアを開け閉めしてみたり、鍵が問題なく閉まるかチェックしてみてくださいね。

まとめ

かかった費用は新しい新しいドアノブ購入代の¥2500
作業時間はおよそ30分
必要な道具はプラスドライバー

ドアノブ選びが超重要。
⇒メーカー・型番・寸法を確認して慎重に。
交換作業中はドアを閉めないこと。

そもそもマスターキーを無くすなんてことしなければこんな手間かからなかったんですが・・いい経験になりました(笑)

引っ越しの関連のお役立ち体験談も記事にしているのでこちらの是非参考にしてみてください。
>>引っ越し1ヶ月前にやることリスト
>>引っ越し2週間前にやることリスト


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました