【時系列別】引っ越し後の住所変更手続きリスト【ジャンル別】

スポンサーリンク
お役立ち情報

こんにちは、どろん【@droooonron】です。

この記事では、私が実際に引っ越して住所変更したものリストを全てまとめています。
同一市内での引っ越しの為、役所での手続きが少し少なめ。

引っ越しする前もした後も荷物の整理や挨拶に追われて大忙し。
そんな最中に住所変更のリストアップはとても大変です。

忙しいあなたに代わって、私の住所変更リストをまとめておきました!
是非ご活用ください!

スポンサーリンク

住所変更リスト一覧

同一市内での引っ越しの場合の役所での手続き・車や金融関係の手続き・自宅でネットや郵送でできる手続きで分けてまとめてみました。

役所の手続き

転居届
マイナンバー
✔児童手当(該当者のみ)
✔福祉医療受給者証(該当者のみ)
✔住民票一部取得

免許証の住所変更に住民票の提示が必要なので、まず転居届を最初に出しましょう!

世帯主でなくても、同一世帯の人であれば手続きできます。
旦那が平日休めないので私が役所の手続きは全て行いました。


子供の医療費補助や児童手当のある地域であれば、子ども課での手続きも必要
転居届を出せば同じ役所なのだから連動してると思いきや・・
盲点。

転居届を出して住民票を移せたら、一緒に世帯全員の載っている住民票を1部もらってきましょう。
免許証の住所変更の際に必要な住民票を取るために再び役所へ足を運ばなくて済みます。

役所での手続きに必要なもの
印鑑
✔家族全員分のマイナンバー(通知カードでも可)

車関係の手続き

✔免許証
✔車検証
✔車庫証明
(軽は関係なし)

免許証住所変更に必要なもの
免許証
✔住民票の写しなど、新住所がわかるもの

※引っ越したばかりだと新住所がわかる書類や証明書はあまりないと思うので・・住民票(世帯全員記載アリ)が無難。

車検証・車庫証明に関しては引っ越ししてから15日以内に手続きが必要です。このふたつは連動しており

①車庫証明住所変更(発行まで3~7日かかる)
②車庫証明を受け取り
③車検証の住所変更


の流れ。
車検証の手続きに車庫証明が必要なので、まずは車庫証明から。

詳しくは>>徹底解説!車庫証明の住所変更に必要な書類の書き方でご紹介しています。

金融関係の手続き

各種銀行口座
✔学資保険(かんぽ)


インターネットバンキングを利用している口座であれば、ネットでもできるようです。
直接行く場合、銀行口座は本人でないと住所変更できないので平日休みを無理やり取る方は銀行口座はハシゴして変更した方がいいですね。

銀行口座住所変更に必要なもの
通帳
✔届出印
✔免許証(新住所)

保険関係の住所変更には証券が必要です。

このとき保険者・被保険者・窓口に来た人全員分の保険証の提示を求められたのですが、保険証の住所変更が間に合っていなかったので、世帯全員分の記載された住民票でなんとかなりました。

学資保険(かんぽ)住所変更に必要なもの
保険証券
✔保険者・被保険者・窓口に来た人の保険証
(上記全員分が載っていれば住民票でも可)

ネットでできるもの

わざわざ出かけずに家で住所変更できるものリスト。

参考までに、私が変更したものを全て載せています。

金融関係

クレジットカード (楽天)
✔生命保険 ( メットライフ生命)
✔自動車保険 ( ソニー損保 )

私が利用している保険はだいたいネットで住所変更完結できました。
利用している保険により違うかもしれないので、要確認。

オンラインストア・アプリ

Amazon
✔楽天市場
✔プレミアムバンダイ
✔ZOZO
✔ユニクロ

GU
✔ヤマダ電機
✔トイザらス
✔JINS
✔通信キャリア(UQモバイル)
✔ヤマト運輸
✔フリマアプリ
✔ミュゼアプリ

楽天カードと楽天市場はそれぞれ住所変更が必要です!!
個人情報が連携していないので注意!

まとめ

膨大にあるように感じますが、時系列で分けると

①役所関係
②車庫証明申請(発行は3~7日後)
③金融関係・他アプリなど
④車庫証明受け取り
⑤車検証

がスムーズです。

車庫証明発行までのタイムラグの間に、銀行口座や保険・自宅でできる住所変更を片付け、引っ越しから15日以内に車検証まで変えられれば100点です!

私はバタバタしてしまい大失敗でしたが(笑)これから住所変更される方の参考になると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました