【体験談】親子で納得のランドセルの選び方【ブログ】

スポンサーリンク
お役立ち情報

こんにちは、どろん【@droooonron】です。


ショッピングモールなどには早くもランドセル売り場ができていますね。
早くも、といいましたが6~8月頃がランドセル購入ピークらしいです。

初めての子供が入学前なら、親の方もランドセルを選ぶのは人生初で、何から選んだらいいのかまったくわかりませんよね。
私は、「ナスカン」「Dカン」「背カン」が初耳で、知らないことばかりでした。

この記事では、子供が毎日使うのに不便しない機能を備えている&安価なランドセルの選び方を紹介しています。

スポンサーリンク

予算によりどこで買うかを決める

まず予算の範囲内で買えそうなメーカーに絞ります。

どこで買うかはまずは大きく分けて3つ。
その中でもオススメのメーカーを挙げておきます。

①ランドセルメーカー
セイバン(天使のはね)
ハシモト(フィットちゃん)
ふわりぃ
ツバメランドセル
セイバン・ハシモトはド定番ですね。みんなと同じが安心ならココ。
ふわりぃとツバメは低価格&高品質でオススメ。

②工房

土屋鞄

澤田屋ランドセル

工房系ランドセルは早期に予約終了してしまったりするので、予約はお早めに。

③量販店
イオン
ニトリ
イトーヨーカドー
安価ですが、どのランドセルも使いやすい工夫がされています。
安いのは壊れやすそう・・という心配も、6年保証がつくなら修理できるんだし別によくない?と個人的には思ったり。笑

最低限ハズせないポイント8選

どんなランドセルを選ぶ時もハズしちゃいけないポイントを抑えておきましょう。
プレゼントする側が満足しても、毎日使うのは子供です。

  • 軽いか
    ⇒最軽量はクラリーノという人工皮革。
    クラリーノは傷がつきにくい素材でもあります。
  • A4フラットファイルが入るか
    ⇒内寸23cm以上あればOK。
  • マチ幅が十分にあるか
    ⇒奥行12~13cmあればOK。
  • 耐久性
    ⇒○万回耐久性テスト実施済み!など、変形防止へのこだわりがあるか。
  • 背負いやすさ
    ⇒肩ベルト・背中のクッションへのこだわりがあるか。
    ここにこだわりがないといくらランドセル自体が軽くても、重く感じてしまったりします。
  • 反射板がついているか
    ⇒肩ベルト・かぶせの鋲・サイドのベルトなどあちこちについているといいです。
  • ナスカンDカン
    ⇒サイドや肩ベルトについている、袋をひっかけるフック。
    負荷がかかると外れる安全設計や、防犯ブザーに手の届きやすい位置についているかチェック。
  • 6年保証
    ⇒壊れても直してくれる保証。
    だいたいついているはずですが、型落ちモデルを購入する場合などもあるかと思うので、必ず確認!

今はどのメーカーもA4フラットファイルが入る大きさが標準になりつつありますが、一昔前は人気の工房系ランドセルでもA4フラットファイルサイズに適応していなかった時代もあったとか。

ランドセルの色とデザイン

予算内で最低限必要な機能を備えたメーカーに絞れたら、色やデザインは子供に自由に選ばせるといいと思うのですが・・

ひとつ注意したいのが、6年生になるころには12歳。
その頃の姿を想定して、あまりハデすぎるデザインや色は選ばせないほうが無難です。(ここの折り合いが実は一番難しいのでは・・)

ちなみに我が家の場合、「黒がいい」という希望しかなく、何を見せても「うん、それかっこいいね、それがいい」というので非常に選びやすかったです。

とにかく予算を抑えたい場合

割引セールを狙う

早期購入割引があれば、10%~20%くらい通常価格よりも安く購入できます。
メーカーによりますが、9~11月くらいまでのところが多いです。

もしくは逆にギリギリまで待って売り切りセールを狙うパターンも。
(限られた中からしか選べないのであまりオススメしません)
3月にニトリでランドセル売り場を見たときは、4万円のランドセルが半額で売られていました。

量販店のベーシックモデル

単純に安く抑えるなら、ニトリイオンなど量販店系で扱っているランドセルのベーシックタイプ。

ニトリなら最安値2万7千円(わんぱく組ニュースター)
イオンなら最安値3万円~(はなまるランドセル24)

※モデルにより、7万ちかいものもあり。
個人的に、ニトリイオンのランドセルで5万以上出すならセイバンやハシモトで買った方がいいのでは、と思います。

型落ちを狙う

安く抑えたいけどイイトコのランドセルがいい・・というワガママな方はいませんか・・

欲しいメーカー名+型落ち」でAmazonや楽天で検索してみてください。

まれに関係ないメーカーのも関連で一緒に出てくるので注意が必要ですが、楽天で買うと4~5000ポイントついたりもします。

また、ハシモトの公式HPにアウトレットページがあれば、フィットちゃんが安く買える時期もあります。
アウトレットのページがないかこまめにチェックすれば運が良ければゲットできるかも?!

フリマアプリで新品を狙う

新品とはいえフリマで買うのはちょっと気が引けますが・・
調べてみると新品の型落ちが格安で出品されていたりします。

ただこれだと詳細な機能が説明されていなかったり、6年保証はあるのか?など、自分で質問しなければいけないこともたくさんありそう。

☑早期購入割引
☑ギリギリの売り切りセール
☑量販店のベーシックモデル
☑型落ち
☑フリマアプリの新品

まとめ

ランドセルが5万円以上するのが当たり前の時代になってきてますが、そんな中でも安価に抑えつつ性能のいいランドセルの選び方をご紹介しました。

機能・値段である程度のところまでザックリ親が絞って、その中から好きな色やデザインで子供に選んでもらうのが理想かな。
そうすれば、親も子供も納得して決められます。

なかには、ランドセルの機能よりも、周りの子たちがどんなものを背負っているかを気にする親御さんも多いらしいですが・・
子供同士で「それ○○のランドセルでしょ~!」なんて会話、普通しませんし・・
(そういう子供は、親もそう。)
そんなことが気がかりなら自分を安心させるためにも、無難に人気ランキング1位とか高いランドセル買えばいいのです。

みなさんが満足いくランドセルに出会えますように!
おわりっ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

澤田屋ランドセル

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました